iPhoneで撮影した写真を受け取ると、ファイル形式が「.heic」であることが増えてきました。「.heic」というのは、iOS 11から採用された新しい画像フォーマットである「HEIF」を保存した際の拡張子です。これをmacOSで受け取るとブログでそのまま使えないので、JPEGに変換します。

ファイル数が少ないとプレビューアプリで書き出すなどして事足りていたのですが、数が増えるとそれも手間です。そこで何か変換するようなサービスやアプリがないかと探してみたところ「HEIC変換フリーソフト」という無料で使えるサイトがありました。

「HEIC変換フリーソフト」の使い方

HEIC変換フリーソフト」は「.heic」ファイルをドラッグ&ドロップすると、自動的に「.jpg」に変換してくれるサイトです。ドラッグ&ドロップなので使い方も簡単です。

変換したファイルはまとめてダウンロードすることもできるので手軽です。

デスクトップ版ソフトもありますが、たまに使うくらいならウェブ版でも十分です。

追記:Free Tool Online - Convert HEIC to JPGというサイトも教えて頂きました。

「HEIF」「HEIC」の関連記事

次のような記事を書いていますので、ぜひ参考にしてください。

【iOS 11】写真&画像フォーマットが「HEIF」「HEVC」となりファイルサイズ大幅減

【iOS 11】撮影時のフォーマットをHEIF/HEVCからJPEG/H.264に戻す方法

「HEIF」の読み方は?

【iOS 11】DropboxがiOS 11の新フォーマット「HEIF」「HEVC」のサポート文書を公開