PC-UNIX用Windows互換環境「Wine」、ついにベータ段階へという記事より。

Wineプロジェクトは25日(米国時間)、Windows用アプリケーションの実行環境を実現するAPIセット「Wine」のベータ版(v0.9)を公開した。

「Wine」はLinuxなどでWindowsアプリケーションを動作させることができる環境です。エミュレータではなくAPIセットなので、LinuxからダイレクトにWindowsアプリケーションを動作させることができるイメージでしょうか。

「必要なDLLのすべてが標準装備されるようになり、別途Microsoft社製のDLLを用意する必要がなくなった」など、インストールが容易になっているようです。

Wineプロジェクトは、Windows 3.1互換環境の実現を目的として1993年にスタート。その後Win32 APIにも対応すべくプロジェクトは継続されたものの、開発フェーズはアルファ版の段階にあるとしてベータ版および正式版のリリースは見送られてきた。一方、CrossOver Officeや一太郎 for Linuxに同梱されるなど、すでに商業ベースでの実績がある。

既に10年以上の歴史あるプロジェクトなんですね。