ターボリナックス、カーネル2.6搭載の「Turbolinux 10 Server」発売です。

Turbolinux 10 Serverは、従来製品の「Turbolinux 8 Server」から約2年ぶりのバージョンアップとなり、最新のLinuxカーネル2.6.8を搭載。OSレベルでroot権限を無効化するSE Linux(Security-Enhanced Linux)や、アップデート作業を自動化する「インテリジェント・アップデート」機能などが利用可能となっている。

基本パッケージ「Turbolinux 10 Server」が41,700円、1年間のサポートが付属する「Turbolinux 10 Server with Support」が102,900円、一部機能制限となる開発者向けパッケージ「Turbolinux Developer Edition」が10,290円です。

Turbolinux 10 Serverは、従来製品の「Turbolinux 8 Server」から約2年ぶりのバージョンアップとなり、最新のLinuxカーネル2.6.8を搭載。OSレベルでroot権限を無効化するSE Linux(Security-Enhanced Linux)や、アップデート作業を自動化する「インテリジェント・アップデート」機能などが利用可能となっている。

Amazonで「Turbolinux 10 Server」を調べる

■関連記事

ターボリナックス、カーネル 2.6 搭載 10 Server を発表

8S の発表から2年、新バージョンの 10S はカーネル 2.6 を搭載した第2世代サーバー Linux OS で、ミッドレンジからハイエンドサーバーまでをターゲットとする。