LinuxでもiTunesが動作可能に――米新興企業がサポート技術を発表です。

同社は「CrossOver Office 3.1」というこの製品に、iTunesソフトウェアをサポートする機能を追加したと語った。現在このバージョンはプレビュー版で、CrossOverの既存ユーザーにのみ公開されている。

CrossOver OfficeというのはLinux上でWindowsアプリケーションを動作させるためのソフトウェアで、そこでiTunesがサポートされたそうです。iPodをLinixで動作させるためのソフトウェアというのはありましたが、このソフトウェアではiTunesがLinux上で動作します。

このソフトウェアの最終バージョンは今年中に登場の予定。Appleは、WindowsバージョンのiTunesを開発し、Mac以外のプラットフォームに対応する意欲を既に見せているものの、Linux版はこれまで開発していない。

Linuxユーザはもちろん嬉しいでしょうが、Appleとしてもありがたい、というところでしょうか?