米Lindowsの商標問題、全世界で「Linspire」に変更でMicrosoftと和解というニュースより。

Lindowsではこうした経緯を受け、オランダや米国などでOS名を「Linspire」へと変更していたが、今回の合意により、今後数カ月以内に全世界でOS名をLinspireへと変更し、社名もLinspireに統一する。

全ての国の裁判で分が悪かったということはなかったのですが、Microsoftからある程度の和解金が支払われ、今回の訴訟でLindowsの名前も売れたり、Micorosftにケンカを売るのは止めて本来の目的であるLinuxの普及の努めていこう、という判断でしょうか。普及に弾みが付き始めましたからね。訴訟を起こされているOSというのはイメージは良くないでしょうから、懸命な判断かと思います。

なお、日本国内でLindowsを発売するライブドアでは、「新バージョンとなる『Lindows 5.0』以降は、Linspireの名称で販売する予定だ」としている。

■関連記事

「リンドウズ」商標権訴訟:和解金2000万ドルと使用停止で和解

リンドウズ社が米証券取引委員会(SEC)に提出した文書によると、マイクロソフト社は8月15日までに1500万ドル、来年2月1日までに500万ドルの計2000万ドルの和解金をリンドウズ社に支払う。また、リンドウズ社側は、これに合わせて関連ドメイン名をマイクロソフト社に引き渡すという。