とても小さい Linux の Puppy、0.9.1 がリリースというニュース。小容量の外部メディアでOSごと持ち歩けます。

Puppy Linux は小さいながらフル装備の Linux で、 全機能を48〜60MB RAM にブートできる。 ブートメディアとして、フラッシュカードや USB メモリ、CDROM、Zip ディスク、 フロッピーディスク、ハードディスクに対応、 またネットワーク経由でシンクライアントにインストールできる。