Sun、Solarisをオープンソース化へというニュースあり!

広報のラス・キャストロノボ氏は、オープンソース版Solarisが進行中だと認めた。ただ、Sunがどのソフトライセンスを利用するのか、すべてのコンポーネントをオープンソース化するのか、具体的にいつオープンソース化するのかといったプロジェクトの詳細は明らかにしなかった。

Linuxの台頭を受けて、ついにSunも動かざるを得なくなったということでしょうか。オープンソース化に関しては議論が続いていたようで、最近ではマクニーリCEOが「このような価値ある資産をフリーにリリースすることはSunにとってほとんど意味がない」とも発言していたそうです。

今、このタイミングでオープンソース化をしなければ、どんどんLinuxに遅れを取ってしまうのでしょうね。開発者にとってどちらが魅力的かと言えば、Linuxということなのでしょう。もちろん、Solarisの良さもあると思いますが、きっとそれを上回ってしまうのですね。

■関連記事

オープンソース化の波はSolarisにも

真のオープンソース製品として受け入れられるためには、そこが重要なポイントとなる。Sunがあまりにも大きな権限を保持すると、オープンソースの支持者やSolarisに転向する可能性のある人々が離れてしまうだろう。Sunにとってさらに困難な課題は、Solarisやそのほかの製品で継続的利益を維持するには、価格をどのように設定すればいいのかということだ。

「Solarisを必ずオープンソースにする」――サンが方針転換

同氏のこの宣言は、Linuxなどのオープンソースソフトウェアの人気が高まっていることを、Sunがしぶしぶ認めていることの新たな証といえる。Sunにとって、オープンソースソフトウェアの人気は、ライバルにあたるMicrosoftを出し抜くチャンスであるとともに、Sun自身に対する競争上の脅威にもなっている。