Linux版の「Flash Player 7」リリースです。

米Macromediaは5月27日、Linux版の「Flash Player 7」をリリースした。Novell、Red Hat、Sun Microsystems、TurbolinuxのLinuxにバンドルされるほか、同社サイトからもダウンロード提供している。

Linuxへの移植作業は、SunとMacomediaが共同で行ったそうです。

Flash Player 7ではパフォーマンス強化が図られ、CSSをサポートしているほか、新たにSOAP Webサービスにも対応している。

■関連記事

米Macromedia、「Flash Player 7」のLinux版をリリース

Flash Player 7はCSS(Cascading Style Sheets)をサポートし、FlashとHTMLコンテンツが共存するWebサイトで一貫したルック&フィールを実現する。また、SOAPを介したWebサービスの利用が可能となり、サービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースの企業向けアプリケーションを構築できる。

Linux 版『Flash Player 7』、ようやく公開

Windows と Mac OS が Flash Player 7 環境に移行する中、Linux ユーザーはこれまで Flash Player 6 を利用するしかなかった。