サン、Linuxベースの統合デスクトップ環境「Sun Java Desktop System」です。

サン・マイクロシステムズは18日、LinuxやMozillaをはじめとするオープンソースのOSやアプリケーションをベースにした統合デスクトップ環境「Sun Java Desktop System」を6月2日より出荷すると発表した。Webブラウザやメール、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、画像加工など、企業向けに必要な機能がひと通り搭載されている。

1年間のライセンス料が1ユーザーあたり5,775円またはPC1台あたり11,550円だそうです。アメリカでは既に「Java Desktop System」搭載PCを各社が発表していたので、日本語サポート版がリリースされたことになります。

Sun Java Desktop Systemは、SUSE LinuxをベースにしたOS、Java 2 Platform Standard Edition、デスクトップ環境「GNOME」、Webブラウザ「Mozilla」、統合オフィスソフト「StarSuite」、メール/スケジュールソフト「Evolution」などオープンソースベースのソフトウェアで構成。Real PlayerやFlash、メッセンジャーなども含まれている。

日本語環境は「ATOK X for Linux」とリコーフォント2書体が搭載されているそうです。また、NEC、エプソン、沖データ、ゼロックスのプリンタドライバも搭載です。

■関連記事

Windows と競合し協調するサンの「Sun Java Desktop System」

「Sun Java Desktop System は、 オープンでかつ安全で、Windows とも親和性の高く、 企業にとっては Windows 以外の最善のデスクトップ環境となるものだ。 われわれは今後10年間、マイクロソフトと最善の相互運用環境を作り上げていくが、 デスクトップ環境では競争者としての立場も維持していく」