国内初のLinux専門通販サイト,ビックカメラとニイウスが開設です。

ビックカメラとニイウスは5月18日,法人向けLinux販売サイトbicniws.com(ビックニイウスドットコム)を開設した。中堅・中小企業向けに,Linux対応のビジネス・アプリケーションやミドルウエア,サーバーなどを販売する。開設時点で800種以上の商品を揃えたという。

bicniws.com

Linux普及の機運が高まって参りました!

ということで、ビックカメラが協力しているのが興味深いですね。ニイウスは日本IBMと野村総合研究所の合弁会社ですが、OracleなどIBM製以外のソフトウエアも販売するそうです。3年後の売上高として年間30億円を目標。

■関連記事

Linux 専門販売ポータル、ニイウスとビックカメラがオープン

ハードウェアや OS、ミドルウェア、運用管理ソフトウェア、ビジネスアプリケーション、サポートサービスなど800アイテム以上の製品を揃えた。 CRM、営業支援、ナレッジマネジメント、企業ポータルなど、 Linux 対応ソリューションもあり、今後も拡充する予定。