アニメ制作にも浸透するオープンソースというニュース。

 「オープンソースの観点から見れば、Blenderはまだ非常に歴史が浅い。現在はOpen OfficeやMozillaなどのプロジェクトが通ってきたいくつかの典型的な段階にあり、コードの再構成において特定の部品をサポートし、オープンソースでのメンテナンスをもっと容易にする優れたチームを探しているところだ。企業は有料サポートへの関心を示しているため、Blender Foundationは良好なサポートネットワークを構築することを目指している」

オープンソースに移行したBlenderという3D作成スイートのお話。

Blenderは「初めての、そして今でも唯一の、フルパッケージで提供されるオープンでフリーな3D作成スイート」で、20~30人規模の企業だったときの同等レベルのサポートと品質をオープンソースで提供できているそうです。しかも5%未満の予算で。「企業は有料サポートへの関心を示している」ということで、オープンソースにしてうまくいっている事例のようです。