Macをお手本にし始めたLinuxという記事より。

とはいえ、存在感の薄さが厳しく指摘されたのは収穫だったと思う。これをLinuxベンダーがどのように受け止めるか。斬新なアイディアの実現にはリスクが伴うが、オープンソース・ベースであることは、そのリスクを緩和し、短期間で成熟できる可能性を秘めているのだ。

Desktop Linux SummitでMacが引き合いに出されることが多く、Macの優れた点を取り込んでいるとアピールするなど他のOSとの比較に熱心だったけれど、そうではなく本当に見習うべきは他OSのユーザをうらやましがらせるようなサービスやアプリケーションを投入することできないだろうか、という記事。

Macの所有欲がかきたてられるデザイン。子供でもすぐに使いこなせるインタフェース。子供のころから使っていれば、そのまま使い続ける可能性が出てくる。また、Windowsにできることを追いかけるのではなく、逆にWindowsユーザーをうらやましがらせるような機能やサービスをいち早くユーザーに提供する姿勢もLinuxには欠けているとされていた。ただ、そのようなLinuxの欠点を声高に指摘するのは、アナリストやコンサルタントなど外部の人が多い。

確かにそうですね。同じだったらWindowsやMacを使う方がいい訳ですから。価格だけがメリットでは少し寂しいですね。他OSを追従するのではなく、存在感を示せるようなサービス・アプリケーションがあるといいですね。