CD起動のLinux「KNOPPIX」を利用したHDDなしクライアント環境,日本電子専門学校が構築というニュース。

学校法人電子学園 日本電子専門学校は4月26日,CD-ROMから起動するLinux「KNOPPIX」を採用した,ハードディスクのないクライアントによる実習環境を構築し,安定的に稼働させることに成功したと発表した。

KNOPPIXはCD-ROMから起動するLinux OSで、ハードディスクがなくても使用できるのが大きな特徴です。そのため「クライアントのソフトウエアのメインテナンスなどが必要ないため,TCOを大幅に削減できる」というメリットがあります。

日本電子専門学校コンピュータネットワーク研究科の42台のパソコンにKNOPPIXが導入されたそうです。作成したデータは、学校内のファイルサーバに保存するようになっているそうです。ハードウェアのメンテナンスがいらないので、学校などで配布するには最適でしょう。

■関連記事

「Green Barbarian」旋風が学生を飲み込む——日本電子専門学校のKNOPPIX導入までの経緯

4月にリリースしていますが、ミスミ社製MCM-IDE-940(40pin IDEコネクタ)およびMCA-2S2-I2(2.5インチドライブベイ)を使用して、IDEポートに接続した512MバイトのCFから、KNOPPIXの起動に成功しています。容量を470Mバイト程度に抑えたのも、これを見越してのことです。