Linux版初の音声読み上げソフトが登場というニュース。

静岡県立大学国際関係学部 石川准教授のチームが平成15年度厚生労働省科学研究費補助金による研究成果として、日本語環境では初のLinux版スクリーン・リーダー(音声読み上げソフト)「BRLTTY Plus」のプロトタイプを発表した。

視覚障害者向けのスクリーン・リーダーソフトはWindows版が何種類かあるだけで、Linuxで動作するものは存在しなかったそうです。「BRLTTY」はオープンソースのフリーソフトです。Linuxを採用することで、低価格の視覚障害者向けインターネットマシンというのも開発できるようになるのでしょうか。

このBRLTTYを大幅に改良した日本語版のBRLTTY Plusは、欧米の言語や点字に依存した内部構造を変更して、日本語を始めとするマルチバイトに対応。また、点字ディスプレイを接続しないで音声だけでの操作を可能とした。