「ユーザビリティはMac OS X並」のGNOME 2.6リリースだそうです。

「GNOMEは本当に使って楽しいものに変わりつつある。喜ばしいことに、GNOME 2.6はMac OS Xのユーザビリティの水準に並んでいる。まだ成長の余地はあり、今後も注目されていくだろう」

Linux普及に貢献するでしょうか。デスクトップが使いやすくなれば、利用者増が見込めます。ただ、Windowsユーザのようなコンシューマではなく、企業や政府機関をターゲットにしているそうです。

特に、純粋なGNOMEを大規模に導入したのはスペイン政府で、40万人のユーザーが使う20万台のマシンに導入された。彼らは年内に導入数を倍増させる計画だ。

日本でもライブドアが頑張っています。大きく変わることはないかもしれませんが、OSのシェアが徐々に変化していく可能性はあるかもしれません。

「では、(Linuxデスクトップは)向こう1〜2年でMicrosoftに市場シェア喪失の深刻な脅威を引き起こすことになるのだろうか? その可能性は低い。だがわれわれは、Linuxは確実に向こう1年以内に地盤を築けるだけの足がかりを確保すると感じている」