coLinux 0.6.0がリリース - Windows上でLinuxが動くというニュース。

Windows上で動作するフリーのLinux実行環境「coLinux」がバージョン0.6.0にバージョンアップした。coLinuxはLinuxカーネルをWindowsの特権モードで動作させるため、CygwinやSFU(Windows Services For UNIX)のようなAPIレベルでのUNIX互換環境とは異なり、現実のLinuxとほぼ同じ環境をWindows上に構築できる。

まだまだ開発途上のようですが、このようなエミュレータチックなものにはそそられてしまいます。ただ、開発中途上とはいえ記事には「すでに実用的なレベルにまで開発が進展したcoLinuxの注目度は高い」となっていますので、いい感じかもしれません。

■関連記事

Windows上でLinuxをネイティブに動かす「coLinux」

国際的なオープンソースコミュニティーに参加するアローニ氏は、インターネット経由で日本の複数のプログラマーと協力してcoLinuxを開発した。coLinuxのWebサイトによると、彼らはホストOSがハードから通知を受ける方法を変更し、2つのOSが友好的に共存でき、快適なスピードで動作できるようにする特殊なコアドライバを書いたという。