19.95ドルのデスクトップ・リナックスOSリリースという記事より。Linareが、リナックスベースのデスクトップOS『リネア・リナックス』を正式にリリースしたというニュース。このOSを利用した199.95ドルの激安パソコンも登場予定。

リネア・リナックスは、リナックスカーネルを中心に、デスクトップ環境にKDEを採用、ウィンドウズのような操作感を実現するという。同じくデスクトップ向けのリナックスを販売する米リンドウズ・コム社のあとを追うかっこうとなる。

500ドルで本体・モニタが一式揃ってしまいますね。先日ノジマから19,800円のLindowsパソコンというエントリーを書きましたが、日本でも5~6万円で一式揃う環境が整いつつあります。やはりその裏には、LinuxベースのデスクトップOSがあるわけで、低価格のPCの普及に一役買うのは間違いないですね。アプリケーションに関してもオープンソースで開発されているものが採用され、ブラウザ、オフィスアプリケーション、IMなども、もちろん揃っています。一度使うと、わざわざ高いお金を払ってアプリケーションを買う気が失せてしまうかも。

■関連記事

いよいよデスクトップLinuxへの移行始まるか

話がやや細かい点になってしまったが、最近筆者はLinuxはクライアントに使えるのかという点でずっと注目し、本コラムでもたびたび触れてきている。その感触として「まだまだかな」と思っていたが、ここに来て急激に「行けそうだ」に変わった。

「日本は世界で唯一PCの価格が高止まりしている」、IDC Japan調査

世界の中で、PCの価格が唯一高止まりしているのが日本だ。新行内氏によると、書き込み型DVDや大型LCDのついた高スペックなPCが売れていることが背景にあるという。