ノジマ、LindowsOS搭載パソコンを19,800円で発売

ノジマとエッジは、「LindowsOS 4.0日本語版」を搭載したPC「NJ-L1」を9月下旬から発売する。価格は、「フレッツADSL」への加入が条件の「ブロードバンドセット」が19,800円、本体のみでは29,800円。

そうそう、これこれ! Lindowsで低価格をアピールするなら、このくらいの値付けでいって欲しいですね。19,800円は加入条件がありますが、それでもかなりインパクトのある価格ですよね。普通に購入しても29,800円ですから。

ノジマでは30,000円前後で購入できる「シャープ製の液晶モニターを用意する」そうなので、とりあえずパソコン購入してインターネットを始めてみたい人には、50,000円を切る価格になります。

新聞広告でWindows XPを搭載したパソコンと液晶モニタのセットが79,800円というDellの広告を見ました。その差額は約30,000円です。Windowsという安心費にあてるか、それともデジカメを購入するか、微妙に迷うところですね。既にモニタを持っているようだったら、29,800円でLindowsマシンを試してみるというのも面白いかも。

▼楽天でLindows OSを価格比較( a , b , c , d

■関連記事

さくらやがLindows搭載の「新宿パソコン」を発売

価格は4万円台半ばとのこと。これまでの新宿パソコンのラインナップだと、64,800円ということなので、2万円くらい安いモデルになるようです。うーん、微妙だ。あと1万円安ければ、もっとイメージが違うんだろうけど。