スポンサードリンク

【LINEラボ】「LINE」のトーク画面でミニブラウザーが利用可能に

スポンサードリンク

【LINEラボ】「LINE」のトーク画面でミニブラウザー

実験的な機能を先行して試すことができる「LINEラボ」で「LINE」のトーク画面でウェブサイトを小さく表示する「ミニブラウザー」機能が利用可能になりました。「ミニブラウザー」の使い方を紹介します!

スポンサードリンク

LINEで「ミニブラウザー」を試す

「LINE Labs(LINEラボ)」では、正式リリースの前に新機能を試すことができます。「LINE」アプリ内から設定できますので、基本的には誰でも試すことができるようになっています。

【LINEラボ】「LINE」のトーク画面でミニブラウザー 1

使い方は「設定」から「LINE Labs」を選び、そこから「ミニブラウザを利用」の設定をオンにします。

続いて「LINE」のトーク画面でウェブサイトを開きます。何か適当なURLを投稿し、それをタップします。

【LINEラボ】「LINE」のトーク画面でミニブラウザー 2

表示されたウェブサイトの画面で、上部から下に向けてスワイプします。

【LINEラボ】「LINE」のトーク画面でミニブラウザー 3

ウェブサイトの画面が小さくなり「ミニブラウザー」機能となります!

【LINEラボ】「LINE」のトーク画面でミニブラウザー 4

「ミニブラウザー」は場所を自由に移動することもできます。

【LINEラボ】「LINE」のトーク画面でミニブラウザー 5

「ミニブラウザー」をタップし、画面を再び拡大したり、ミニブラウザーそのものを閉じることもできます。

表示しているウェブサイトを見ながらトークをしたい、という場合に有効な機能です。

ただし、画面をスクロールしている途中の場所だと、スワイプすると画面がスクロールしてします、うまく「ミニブラウザー」にならないようです。もしかすると、ミニブラウザー化するボタンがあっても良いのかもしれません。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【ジェットスター】国内線990円から「Super Star Sale」(6/12まで)

次へ

【LINE Pay】最大10万円を山分けできる「送金MaX20倍キャンペーン」