スポンサードリンク

LINE、LINE Payの20%ポイント還元かさみ赤字103億円に

スポンサードリンク

LINE、LINE Payの20%ポイント還元かさみ赤字103億円に

LINEが2019年3月24日に発表した2019年1~3月期連結決算によると、純損益が103億円の赤字(前年同期は13億円の赤字)となったことが明らかになりました。LINE、赤字103億円 スマホ決済還元で費用増という記事になっています。

LINEはスマホ決済サービス「LINEペイ」で、支払った額の20%分を還元するキャンペーンに加え、導入する店舗に対しても手数料の優遇策を取り入れた。利用者を獲得するため先行投資を優先する考えだ。

スポンサードリンク

LINEが103億円の赤字に

PayPayが仕掛けた20%ポイント還元キャンペーンに対向する形で、2018年末あたりからLINE Payも20%ポイント還元をしまくっています。先行投資として実施しているキャンペーンですが、数字として103億円の赤字として出てきました。

とはいえ、PayPayも100億円還元でしたし、LINEとしてもこのくらいは想定の範囲内ということなのでしょうね。

引くに引けない戦いというか、今ここで手綱を緩めることはできません。ぼくの観測範囲では、

PayPay
楽天Pay
d払い
LINE Pay

このあたりの4社が、キャンペーンを連発して覇権を争っているように見えます(ここにメルペイも加わるはずですが、まだヨーイドンはしていないように見えます)。

いずれも体力のある会社ですから、2019年はさらに大型のポイント還元キャンペーンをするでしょうし、消費増税が実施されればスマホ決済はさらに注目されることになります。

売上高は、前年同期比13.5%増の553億円だった。企業が使う通信アプリ内の公式アカウントが増えたことで、広告収入が増加した。

LINE Payアプリを独立させたし、現在も超Payトク祭を開催中ですし、スマホ決済への投資はまだまだ止まらないでしょうね。

スマホ決済をチェック

楽天PayPayPayLINE Payメルペイd払いOrigami PayゆうちょPay

関連記事

LINE、最終赤字103億円 1~3月、スマホ決済投資かさむ  :日本経済新聞

営業損益は78億円の赤字(前年同期は12億円の黒字)。LINEペイのマーケティング費用や人件費が膨らんだ。LINEペイなどの金融や人工知能(AI)などを含む「戦略事業」の営業損益は149億円の赤字だった。

LINE 赤字103億円に スマホ決済20%還元キャンペーンで | NHKニュース

会社は、キャンペーンによってスマホ決済の利用者は大幅に増えているとしていて、今後も積極的に続ける方針です。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/04/24 15:00)寺田心くん「ブックオフ店員」CMが好感のワケ

次へ

【ガスト】食べて巡れ!10万円分の食事券が100名に当たる「新・御朱飲食帳キャンペーン」