スポンサードリンク

スマホで注文して受け取るモバイルオーダーサービス「LINEポケオ」ガスト・バーミヤン・ジョナサン2,000店舗から開始

スポンサードリンク

スマホで注文して受け取るモバイルオーダーサービス「LINEポケオ」ガスト・バーミヤン・ジョナサン2,000店舗から開始

スマートフォンで料理を注文し、店頭で受け取ることができるLINEのモバイルオーダーサービス「LINEポケオ」が開始しました。当初はガスト、バーミヤン、ジョナサンの2,000店舗が対象となっています。

スポンサードリンク

テイクアウトできる「LINEポケオ」

LINEはデリバリーサービスの「LINEデリマ」も運営していますが、今度は料理を注文し、テイクアウトすることができるモバイルオーダーサービスの「LINEポケオ」を開始しました。

マクドナルドの「モバイルオーダー」アプリを利用したことがありますが、店に到着して商品を受け取るだけなので、これは本当に便利なサービスだと思いました。

ファストフードやファミリーレストランにはマッチしたサービスになると思います。

スマホで注文して受け取るモバイルオーダーサービス「LINEポケオ」ガスト・バーミヤン・ジョナサン2,000店舗から開始

「LINEポケオ」では位置情報から、周辺の飲食店を探して料理を注文することができます。

スマホで注文して受け取るモバイルオーダーサービス「LINEポケオ」ガスト・バーミヤン・ジョナサン2,000店舗から開始

付近の店舗一覧から探すこともできますし、地図から近くの飲食店を探すこともできます。

使い方はLINEで「LINEポケオ」の公式アカウントと繋がっておくだけなので簡単です。

スマホで注文して受け取るモバイルオーダーサービス「LINEポケオ」ガスト・バーミヤン・ジョナサン2,000店舗から開始

LINEから飲食店に食事をオーダーしておくイメージです。

現在は支払いは店舗でしかできませんが、今後は「LINE Pay」による決済も導入予定とのことです。そうなると、LINEポイントが貯まったり、利用したりができようになりますね。

当初は2,000店舗

「LINEポケオ」では先行してガスト、バーミヤン、ジョナサンの国内約2000店舗が対応し、2019年6月以降には松屋や松のやで導入が予定されています。

コーヒーやファストフード、スイーツなど、様々なジャンルの店舗も順次導入予定となっており、2020年までに掲載店舗30,000店を目指すとしています。

2019年4月27日からは、初めて「LINEポケオ」を利用する人限定で、最大で購入金額の10%分のLINEポイントを還元するキャンペーンが予定されています。

日本人に馴染みやすいのは、デリバリーの「LINEデリマ」よりも、テイクアウトの「LINEポケオ」のような気もします。

2019年10月に消費税増税が実施されると、テイクアウトには軽減税率が適用されるので、より盛り上がっていくことが予想されます。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/04/19 07:00)J1神戸、日本プロスポーツ史上“最高ペース”で監督交代 三木谷体制16年で16人

次へ

アメリカで「Amazon Music Unlimited」の広告付き無料配信を開始