スポンサードリンク

LINEアカウント「JR東日本 Chat Bot」運行情報が便利なだけでなく忘れ物問い合わせにも対応!

スポンサードリンク

LINEアカウント「JR東日本 Chat Bot」運行情報が便利なだけでなく忘れ物問い合わせにも対応!

LINEアカウントの「JR東日本 Chat Bot」が便利だと思っていたのです。登録している路線の運行情報をリアルタイムに送ってくれたりとか、コインロッカーの場所を調べられたりとか。

そうしたら、今度は忘れ物の問い合わせまで、できるようになったらしいじゃないですか!

スポンサードリンク

「JR東日本 Chat Bot」は超便利

LINEアカウントを登録しておけば利用することができるので、使い方も簡単です。

便利その1

路線を登録しておくと、リアルタイムに運行情報を送ってくれます。

LINEアカウント「JR東日本 Chat Bot」運行情報が便利なだけでなく忘れ物問い合わせにも対応!

登録できる路線は4つまで。よく利用する路線を登録しておくと良いでしょう。

登録しておくと、ある日のトークですが、こんな感じになります。

LINEアカウント「JR東日本 Chat Bot」運行情報が便利なだけでなく忘れ物問い合わせにも対応!

列車の運行の障害情報などを送ってくれます。これが便利。

便利その2

コインロッカーの情報サイトを開くことができます。

LINEアカウント「JR東日本 Chat Bot」運行情報が便利なだけでなく忘れ物問い合わせにも対応!

場所によりますが、コインロッカーの空き状況も調べることができます。

荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」のようなサービスもありますし、いくつかコインロッカー情報を押さえておけると安心でしょう。

便利その3

そして今回、新たに対応した忘れ物の問い合わせ機能です。

JR東日本、LINEで忘れ物のお問い合わせができる「お忘れ物チャット」開始という記事で知ったのですが「忘れものをした日時、場所と忘れ物の特徴を入力」すると、オペレーターが確認して情報が送られてくるそうです。

LINEアカウント「JR東日本 Chat Bot」運行情報が便利なだけでなく忘れ物問い合わせにも対応!

チャットはリアルタイムでありつつ非同期性があるので、こうした問い合わせには本当に便利だと思います。電話の問い合わせだと、繋がるまでずっと待ってないといけないですからね‥‥。

現在は「財布類」のみとのことですが、スマートフォンの需要というのは大きいのではないですかねぇ。

「JR東日本 Chat Bot」はオススメですよ!

あと、忘れ物しがちな人は紛失防止タグ「MAMORIO」アンテナをJR東日本の51駅に設置 → 届けられるとスマホに通知もぜひご覧くださいね!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

Amazonタブレット「Fire HD 10」Alexa搭載で音声コントロール可能に

次へ

ネタリスト(2019/03/28 14:00)「エレベーター渋滞」を改善したリクルートの超アナログな方法