2015 07 31 1002

LINE株式会社が、2015年4〜6月期の業績について発表しました。LINE株式会社の売上額は278億円(前年同期比37%増)、基幹事業であるLINE事業単体の2015年4〜6月期の売上額は253億円(前年同期比39%増)となっています。

「LINE」の月間アクティブユーザー数(MAU: Monthly Active User)は、グローバルで約2億1,100万人と発表されています(2015年6月実績)。

スタンプ事業は公式スタンプ、クリエイターズスタンプともに引き続き好調で、特に「LINE Creators Market」ではクリエイターズスタンプ販売総額は89.4億円、販売金額上位10位クリエイターの平均販売額が1億円を突破しているということです。

トップクリエイターのスタンプ作品の商品化支援・ライツマネジメントを行う「LINE Creators Management」も開始しています。クリエイターズスタンプには大きなチャンスですね。

タイと日本で公開された定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」は、サービス公開後約1ヶ月で620万ダウンロードを突破(日本のみの数値)しています。Apple Musicは1,000万ユーザーという推測値が出ていましたが「LINE MUSIC」のダウンロード数も多いです。

出澤社長は次のようにコメントしています。

2015年の戦略キーワードの一つである「グローバル展開」については、徹底したローカライズにより、各国ごとに着実にトップシェアを獲得していくことに注力しており、なかでも注力地域であるアジア地域では特にインドネシアにおいて成果を出してきています。引き続き、インドネシアでのトップシェア獲得のための活動を行いつつ、インドネシアで習得した海外におけるユーザー獲得ノウハウの応用や、軽量版LINE「LINE Lite」の提供などにより新たな地域でのシェア獲得を推し進め、グローバル展開をさらに加速してまいります。

「LINE Lite」なんていうものもあるのですね。