2014 03 03 0955

先日、発表になった「LINE電話」で電話をかけた際、通話相手には、スマートフォンの電話番号がそのまま通知されます。IP電話を使う際は、050番号になるのが一般的だったと思うので、これはポイント高いですね。

LINE、固定電話へ通話できる電話サービス「LINE電話」を提供 - ケータイ Watchでは次のように説明されています。

通話する際には専用アプリを利用するが、050番号のような新たな電話番号は発番されず、スマートフォンで利用しているキャリア回線の電話番号がそのまま使用される。通話相手には発信元の電話番号が通知され、通常の電話のように利用できる。

携帯電話に知らない電話番号から電話がかかってくるよりも、やはりアドレス帳に登録されている電話番号の方が安心できるでしょう。

着信履歴に携帯電話の電話番号が残るので、相手からかかってくる時はキャリアの電話番号へ、ということになります。「LINE電話」の使い方としては“発信”ということですね。

着信用に050番号を新たに取得できるというIP電話のメリットもありますが、一般の人にとってはスマートフォンの電話番号が表示されるのも分かりやすいかもしれません。このあたりはうまく使い分けることになりそうです。

ただし。

ただし、通話先がNTTドコモの回線の場合のみ、番号通知には非対応で、ドコモ側の端末には「通知不可能」もしくは「非通知」と表示される。

残念ながら、事業者間の仕様とのことです。

「LINE電話」がどの通信事業者と提携しているのか興味あるところですが「複数の大手回線事業者のプレミアム回線」は非公表だそうです。ただし、通話料は非課税のため、海外の回線を利用しているようです。