IMG 3293

世界のユーザ数が2億人、日本でも5,000万人に迫る勢いのLINEですが、これだけユーザ数が多くなると、使い方に色々と思う人も増えようというものです。普段は便利なLINEで、思わずイラッとしてしまうことってどんなことでしょうか? LINEでされるとイラッとすることランキングがありました。

世界におけるユーザー数が2億人を超えたLINE。私たちの日常会話でも、これまでの「メールアドレス教えて?」から「LINEのID教えて?」に変わりつつありますが、そんなLINEで、みなさんが相手にされるとイラッとするのはどんなことでしょうか。

個人的にはあまりイラッとする使い方というのはありませんが、もしもっと若かったら「既読」とか気になるかもしれませんし、若者の間ではまさに「既読」問題のようなものもある、と聞いたことがあります。

とはいえ「既読」があると、それはそれで便利なんですよね。返信がなかったとしても、それはそれで「返事がし辛いんだろうな」とか「忙しいのかもしれないな」と察することができますから。

自分の場合も、とりあえず読んでおいて、忙しくて、で、そのまま返信をし忘れて、なんていうことがあります。だから、必ずしも、わざと返信しない、ということでもないんですけどね。

みんなでLINEでされるとイラッとするのはどんなことでしょうか?

1位 「既読になっているのに何で返事してくれないの?」と責められる

2位 既読が付いているのに、なかなか返事が返ってこない

3位 LINE系のゲームの勧誘やプレゼントのメッセージを頻繁に送ってくる

4位 メッセージを送っても一向に既読が付かない

5位 グループトークで個人的な会話をする

6位 メッセージを何回にも分けて送ってくる

7位 遅刻の謝罪をスタンプだけで済ます

8位 何の説明もなく、URLのみを貼ってくる

9位 そこまで親しくないのに、勝手にグループのメンバーに強制的に入れられる

10位 スタンプだけで会話しようとする

「メッセージを送っても一向に既読が付かない」というのは、それはブロックされているんや‥‥察しろ‥‥なんちゃって!

機能としては、ブロックしているとメッセージが届かない訳ですから、ずっと未読のままになりますね。

「そこまで親しくないのに、勝手にグループのメンバーに強制的に入れられる」というのもあるんですねぇ。そこでまた「グループトークで個人的な会話をする」のがあると、さらにイラッとする訳ですね。

それにしても1位と2位が「既読」に関するもので、これが“LINE疲れ”というものに繋がるのかもしれませんね。

「LINE系のゲームの勧誘やプレゼントのメッセージを頻繁に送ってくる」というのは、一時は大量に届きましたが、最近はとんと来なくなりましたね。

LINEビジネス成功術-LINE@で売上150%アップ!

コグレ マサト,まつもと あつし マイナビ 2013-09-19
売り上げランキング : 23472
by ヨメレバ