2012 08 31 1608

「LINE」、SNS参入の理由 フェイスブック追撃へという記事の中で「LINE」のタイムライン機能は非ネット系ユーザがアクティブであることが語られています。

これまでのLINEは「無料通話」というオマケが付いた個人間、あるいはグループ内の「メッセンジャーツール」。ツイッターやフェイスブックといったSNS(交流サイト)とは一線を画する方針で急成長を遂げたが、今回の更新でそうしたSNSの土俵に初めて踏み込んだ。

「LINE」でのトークはただでさえ表に見えないものですが、ユーザが増えることで「使われているんだ」ということは実感できます。

しかし、そこから公開範囲が限定される「タイムライン」機能になると、使われているのかどうか、さっぱり分かりません。

ぼくの観測範囲になりますが、実は非ネット系ユーザの方が、タイムラインを使っているのではないか、と思っていましたが、この記事で裏付けられたようです。

そもそも、タイムラインがリリースされた直後は、ぼくの周り、つまりネット系ユーザの間ではあまり評判が芳しくありませんでした。既にあるTwitterやFacebookと比較してしまうのだと思います。

しかし程なくして、非ネット系ユーザの友人のタイムラインに、コメントやスタンプが大量についているのを発見します。確認してみると「FacebookからLINEに移ってきた人もいる」とのことで、確かに「LINE」でアクティブに活動を開始した人たちがいるようでした。

その人たちが、非ネット系ユーザです。

記事では、舛田さんのコメントが紹介されています。

そう話すと、舛田はツイッターから拾ったいくつかのつぶやきを根拠として示した。「小学4年生がLINEのタイムラインを操っている」「お母さんがLINEのタイムラインつことるw」......。加えて、10歳代女子や若い主婦が集まるサイバーエージェントのネット版プリクラ帳アプリ「Candy」内のアンケートも示した。

アンケートでは「たまに使う」で約2,600票で最も多かったそうです。

表からは見えませんが、やはり、非ネット系ユーザからタイムラインが浸透しつつあるのかな、と思います。

そもそもの無料通話、メッセンジャー機能の時もそうでしたし、今回のタイムラインもそうですが、ネット系ユーザにとっては「既にある機能の代替」としか映りません。つまり「LINEでなくとも良い」ということになる訳です。

結果「LINE」の成長が、舛田さん曰く「非IT系からIT系へ。LINE自体がそうだったように、この普及の順番はLINEの法則なのかもしれません」となっていくようです。

初心者層と上級者層。ネット上で水と油の層は、家族、先輩後輩、店員と客、といったリアルの関係性によって徐々に交わっていく。お互いの電話帳に載るようなリアルの関係性のみをベースとしたLINEだからこそ、その交わりは加速する。上級者層がメッセンジャーとして親しい人との連絡にLINEを活用し始めたように、いずれSNSとしても活用してくれるだろうと舛田は踏む。

下から上への「LINEが狙う下克上戦略」だと。

「LINE」のタイムラインの活用などは、もう少し色々な人に話を聞いてみたいところです。

ネタフルでは次のような記事も書いています。

「LINE」記事まとめ(導入→通話→チャット→スタンプ→アプリ→パソコン版→Tips→ユーザ動向etc.)

LINE App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

できるポケット LINE 公式ガイド スマートに使いこなす基本&活用ワザ 100

4844332155