スポンサードリンク

【LINE Pay】セブン、ファミマ、ローソン、吉野家、松屋、くら寿司、ドラッグストアで使える「年末感謝クーポン祭」(12/1〜12/31)

スポンサードリンク

【LINE Pay】セブン、ファミマ、ローソン、吉野家、松屋、くら寿司、ドラッグストアで使える「年末感謝クーポン祭」(12/1〜12/31)

LINE Pay」が、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、吉野家、松屋、くら寿司、ドラッグストアなどで使えるクーポンを配信する「年末感謝クーポン祭」を開催します。期間は2019年12月1日〜31日までとなっています。

スポンサードリンク

LINE Payが「年末感謝クーポン祭」

ついに「LINE Pay」はポイント還元キャンペーンしなくなってしまったか‥‥とお嘆きの方もおられるかもしれませんが、実は「LINE Pay」のクーポンは使い勝手が良いし(後述)、ポイント還元よりもお得なんではないかと思うんですよね。

これまで配布された毎クーポンの傾向から、恐らく200円分くらいのクーポンが多いのではないかと推測するのですが、10%ポイント還元だとすると2,000円使って還元される金額ですよね。

でもクーポンなら300円のものに適用して100円で購入することができるんですよ。ポイント還元があるからついつい余計なものを買ってしまう病を発症してしまう人にも良い処方箋なのでは!?

クーポン配布される店舗

しかも、こんなにたくさんの店が対応します。コンビニだったりドラッグストアだったり、クーポンがなくても普通に利用している店舗が多いのではないでしょうか。

【LINE Pay】セブン、ファミマ、ローソン、吉野家、松屋、くら寿司、ドラッグストアで使える「年末感謝クーポン祭」(12/1〜12/31)

【LINE Pay】セブン、ファミマ、ローソン、吉野家、松屋、くら寿司、ドラッグストアで使える「年末感謝クーポン祭」(12/1〜12/31)

スマホ決済を使うようになってから、ドラッグストアに行く機会が増えたというのが、これまでのライフスタイルになかった最も大きい変化ですね。

クーポンとマイクーポンは違う

ここで一つ注意です。

LINEのクーポンとLINE Payのマイクーポン(今回のキャンペーンで配布されるクーポン)は別物です。

LINEのクーポンはLINE Payでの支払い関係なしに使えますが、LINE PayのマイクーポンはLINE Payでの支払い時に適用されるクーポンです。

【LINE Pay】「マイクーポン」の使い方で詳しく解説していますが、LINE Payの支払い時にマイクーポンを検索し適用しておくことで、支払い時に自動的にクーポンの金額が引かれる仕組みです。クーポンを見せるような煩わしさはありません。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【楽天市場】ポイント還元が最大44倍になる「ブラックフライデー」セール開始(11/30まで)

次へ

JR東日本、Suicaをカバンに入れたままで通過できる「タッチレスゲート」を2〜3年後に導入へ