スポンサードリンク

【LINE Pay】企業→個人の送金できる「LINE Pay かんたん送金サービス」開始

スポンサードリンク

【LINE Pay】企業→個人の送金できる「LINE Pay かんたん送金サービス」開始

「LINE Pay」が、企業から個人への送金を可能にする「LINE Pay かんたん送金サービス」を開始しています。

「LINE Pay かんたん送金サービス」は、企業から個人へダイレクトに「LINE Pay」で報酬やインセンティブ等の臨時収入を受け取り可能にします。

スポンサードリンク

「LINE Pay かんたん送金サービス」でできることは、企業立て替え金精算、経費・交通費精算、ECでの返品に伴う返金、クラウドソーシング報酬受け取り、リユース買取代金の受け取り、ポイント交換、キャンペーン懸賞金やキャッシュバックなどとなります。

給与など法令等で電子マネーでの支払いが認められていない取引については対象外となります。

「LINE Pay」が使える店舗は増えていますし、JCBカードでも残高は使えますし(VISAカードも予定されている)、セブン銀行ATMから引き出すこともできるので「LINE Pay」で受け取るというのはありだと思います。

いちいち銀行口座を登録することなく「LINE Pay」メインメニュー内の「LINE Payナンバー」を知らせるだけで良いというのも手軽です。

【LINE Pay】企業→個人の送金できる「LINE Pay かんたん送金サービス」開始

「LINE Pay」を開くと「送金番号」があります。

【LINE Pay】企業→個人の送金できる「LINE Pay かんたん送金サービス」開始

固有の11桁の「LINE Payナンバー」を知らせることで、送金してもらうことができます。

1回の受け取り上限額は「LINE Cash」(本人確認前アカウント)は10万円で「LINE Money」(本人確認後アカウント)は100万円の残高上限までとなります。

企業側のメリット

・顧客利便性を高められる

・銀行口座情報の取扱いが不要になる(組み戻し手続き等の発生も抑えられる)

・払出証書等の手数料負担がなくなる

ユーザー側のメリット

・銀行口座を介さないことで、よりスピーディーに報酬やインセンティブ等の臨時収入を受け取ることができる

・「LINE Pay」へのチャージの手間が減る

・受け取ってすぐに国内171万箇所でのスマートフォン決済や、「LINE Pay カード」を発行すれば国内外約3,000万店でも支払いできるのでATMの利用が不要。LINE友だちへの送金も手数料無料で可能。

・本人確認を完了した「LINE Money」アカウントユーザーであれば、アカウントから銀行振込やATMで出金が可能

・「LINE家計簿」などの家計簿アプリと連動することで家計管理が簡単に

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/07/25 11:00)亡き父は晩年なぜ「ネット右翼」になってしまったのか

次へ

カップヌードルシーフードにも辛旨のウェイブ!「レッドシーフードヌードル」