スポンサードリンク

【LINE Pay】据え置き端末で買物してみた

スポンサードリンク

【LINE Pay】据え置き端末で買物してみた

日常の買物で「LINE Pay」を利用していることは本当に多いのですが、改めて利用シーンを考えてみると‥‥コンビニかドラッグストアが多いですね!

スポンサードリンク

だいたいコンビニかドラッグストアに行けば欲しいものが揃ってしまうというのもありますが。

コンビニやドラッグストアで「LINE Pay」を使用する時は「LINE Payアプリ」で表示したバーコードを読み取ってもらいます。

だから、初めて利用した「LINE Pay」の据え置き端末は新鮮でした。

【LINE Pay】据え置き端末で買物してみた

浦和駅西口にあるたいやき屋さんに立ち寄ったら導入されており、購入金額を端末に入力すると、正面の小さな液晶画面にQRコードが表示され、それを「LINE Payアプリ」で読み取ることが決済します。

ウェブサイトで確認すると、2019年6月分まで端末料金が無料だったり(通常は1,500円/月)、2.45%の決済手数料も2021年7月31日まで無料なので、お試しで導入しているところもありそうですね。

「StarPay」端末は35,000円です。店舗としては、どちらが導入しやすいんでしょうね。

スマホ決済をチェック

楽天PayPayPayLINE Payメルペイd払いOrigami PayゆうちょPay

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/05/30 08:30)ワークマンの国内店舗数がユニクロ超え、FCオーナーに希望者殺到の理由

次へ

改正道路交通法が成立、スマホ操作「ながら運転」の罰則強化