スポンサードリンク

【LINE Pay】20%還元の「Payトク」コンビニ&ドラッグストアで実施(1/25〜1/31)

スポンサードリンク

【LINE Pay】20%還元の「Payトク」コンビニ&ドラッグストアで実施(1/25〜1/31)

LINE Pay」のポイント還元が20%となる「Payトク」が、また今月も実施されることが発表されました。期間は2019年1月25日〜1月31日で、コンビニ&ドラッグストアで実施されます。

スポンサードリンク

「Payトク」とは?

「Payトク」は「LINE Pay」のコード支払い(スマホ決済)をすると、LINE Pay残高が還元されるキャンペーンです。今回も驚きの20%です。

LINE Pay残高は再びコード支払い(スマホ決済)で使えますし、LINE PayカードがあればJCB加盟店でも使えますので、実質、現金20%還元くらいの勢いがあります。手数料はかかるものの、セブン銀行ATMから出金も可能です。

コンビニで1,000円の買い物をしたら200円分のポイント還元です。これは大きい!

ただし、還元上限は5,000円分まで(総額25,000円分の支払いまで)となっていますので、そこだけ注意してください。

なんならついでに2019年7月末までの「コード支払い」に+3%上乗せキャンペーンもありますので、マイカラー制度の最低ランク0.5%も加えると、最低でも23.5%のポイント還元ということになります。人によっては25%も!

1年弱前はコード支払いで「どこでも5%キャッシュバック」キャンペーンだったことを考えると、20%ポイント還元がいかに破格かが分かります。

今回はコンビニ&ドラッグストアで

2018年末に実施された「Payトク」は、家電量販店も対象だったため、高額な家電などを購入した人も多く見られました。

今回の「Payトク」の対象店舗は「ユーザーのみなさまの日常生活のなか」で使い、新しい決済方法に慣れて欲しいということで、コンビニ&ドラッグストア限定となります。

【LINE Pay】20%還元の「Payトク」コンビニ&ドラッグストアで実施(1/25〜1/31)

全国の「ファミリーマート」「ミニストップ」「ローソン」北海道を中心に展開する「セイコーマート」「ツルハドラッグ」「ココカラファイン」「サンドラッグ」なども対象となります。

注意点

還元上限は5,000円分まで(総額25,000円分の支払いまで)の他にも注意点があります。

・「LINE Pay カード」または「LINE Pay」に登録したクレジットカード、Google Pay(QUICPay+)での支払いには適用されません。

・「LINEポイント」や店舗独自のクーポン等を併用して支払いした場合、適用後の支払い金額がキャンペーン対象となります。

・お酒・タバコ・書籍・チケット・処方箋が必要な商品など一部キャンペーン対象外となることがあります。

関連記事

【LINE Pay】銀行口座からチャージする方法

【LINE Pay】小銭が貯まったらローソンでチャージすると便利!

【LINE Pay】コンビニからネットからあらゆる買い物で使うとけっこうポイントが貯まる 〜慣れてきたキャッシュレス生活

【LINE Pay】2018年末の20%還元「Payトク」参加して感じたスマホ決済雑感

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】最大50%OFF「2019冬のコミックエッセイ全力フェア」(2/7まで)

次へ

【オイシックス】カリフラワーをサイコロ状にカットした「カリフラワーライス」初のミールキット発売