スポンサードリンク

【LINE Pay】上限5,000円で20%還元される「Payトク」キャンペーン(12/31まで)

スポンサードリンク

【LINE Pay】上限5,000円で20%還元される「Payトク」キャンペーン(12/31まで)

スマホ決済のキャンペーンとしては「PayPay」の最低20%還元の100億円キャンペーンが強烈な印象を残しましたが「LINE Pay」も20%還元で対抗してきました。

2018年夏から実施していた「Payトク」キャンペーンのポイント還元率を20%として開催です(最大5,000円まで)。期間は2018年12月31日までとなっています。

スポンサードリンク

「Payトク」のキャンペーン対象は?

「Payトク」で20%還元の対象となるのは以下の場合です。

・コード支払い
・オンラインでの支払い
・請求書支払い(税金を除く)

LINE PayカードまたはLINE Payに登録したクレジットカード、Google Pay(QUICPay+)での支払い時には適用されないので注意が必要です。

「Payトク」の対象店舗は?

「Payトク」でポイント還元20%の対象となるのは以下のような店舗、サービスです。

【LINE Pay】上限5,000円で20%還元される「Payトク」キャンペーン(12/31まで)

もともと利用している店舗がある、買おうと思っていたオンラインストアがある、という人は、ぜひ「LINE Pay」でのスマホ決済するのがオススメです。

「PayPay」と同じ20%だが‥‥

「PayPay」と同じ20%還元として「LINE Pay」も揃えてきたわけですが、全額当選のある「PayPay」と比較するとインパクトが弱いのは否めません、キャンペーンとしては。

また「LINE Pay」のスマホ決済ができる店舗も、主にローソン、ファミリーマートとなり「え、そんなに色々なところで使えるの!?」という「PayPay」の驚きにはかないません。

とはいえ、ローソンだけでなくファミリーマートでもスマホ決済ができるようになったのは良いところと言えます。

ポイント還元の上限金額も5,000円ということは、支払上限は25,000円となるので、やはり大物を購入するというよりは、日常的なコンビニ利用でコツコツと「LINE Pay」のスマホ決済を利用するのが得策かもしれません。

願わくば「LINE Pay」もクレジットカードからのチャージができるようになって欲しいのですが‥‥難しいのかな。

「Kyash」がチャージした金額が与信の関係で出金できないのと「PayPay」がボーナス付与とチャージしたものを電子マネーの種類で分けているのは「LINE Pay」がクレジットカードではチャージできないけど出金はできるのと関係があるのかもしれませんね。出資法の絡みで。

2019年春に向けて、新しいスマホユーザーが増える季節であることを考えると「LINE Pay」も何か大型キャンペーンを実施する可能性はあると思います。それはもちろん「PayPay」も同様ですが。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「Fire HD 8」低反射タイプの液晶保護フィルムを苦戦しながら貼ってみた

次へ

【Kindleセール】50%OFF「カメラ・写真本セール」(12/20まで)