スポンサードリンク

【LINE Pay】「マイカラー」制度をアップグレードし判定基準を絶対評価に

スポンサードリンク

LINE Pay 評価制度をアップグレード

LINE Pay」のインセンティブ制度「マイカラー」が、2018年8月1日よりアップグレードすることが発表されました。

「マイカラー」は、よりアクティブに「LINE Pay」のサービスをご利用いただけるユーザーに、より多くのインセンティブを還元するインセンティブプログラムです。2018年6月1日のプログラム開始時には、ユーザー同士で自分のマイカラーをSNSでシェアしあうなど話題になったと同時に、プログラムの内容について、多くのユーザーから様々なご意見をいただきました。

スポンサードリンク

評価制度が見直され、分かりにくかった相対評価ではなく、条件をクリアすればカラーが変わる絶対評価が採用されます。ポイント付与上限決済額10万円から100万円へと変更されます。

変更点(2018年8月1日から)

* 利用登録するだけでホワイトバッジ付与(ポイント付与率0.5%)。

* 最低ポイント付与率を見直し、各バッジカラーのポイント付与率を変更。(グリーン 2%、ブルー 1%、レッド 0.8%、ホワイト 0.5%)

* 相対的評価だったカラー判定基準を絶対評価に変更。

《グリーン》決済金額 : 10万円/月+送金:月間5人以上のユーザーへ送金

《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月+送金:月間3人以上のユーザーへ送金

《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月+送金:月間1人以上のユーザーへ送金

《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月

* バッジカラーの判定基準とポイント付与対象に「LINE Pay」に連携したクレジットカードでの決済も追加。

* カラー判定期間を、前月末までの1ヶ月分の実績を集計・判定、毎月1日午前10時更新に変更。

* ポイント付与対象となる決済金額の上限を100万円/月に引き上げ

新しい「マイカラー」制度はどうか?

どのくらい使ったらカラーが変わるのか分かりにくかった相対評価から、金額と送金数が明示された絶対評価に変わることで、利用者としては分かりやすくなりました。

が、一方でそこまで使わないかな‥‥という諦めにも似た感情を持った人もいるかもしれません。やはりわざわざ使うメリットとしては、ポイント還元2%は必要だと思うからです。

恐らく、ぼくも普通に使っている感じだとポイント還元0.8%のレッドだと思います。現在のところは「Kyash」が2%還元をしているので、それが終了するまではそちらを使うと思います。

ただ、期間限定(2018年8月1日~2019年7月31日)で実施されるQR/コード支払いを利用した場合には「マイカラー」で決まったポイント付与率に3%を上乗せがあるので、コード支払いができる店(例えばローソン)ではそちらを使うと思います。

Kyash」も「LINE Pay」もユーザー獲得の勝負どころの夏となるでしょうか?

「LINE Pay」関連記事

【LINE Pay】新インセンティブプログラム「マイカラー」相対的な利用状況でポイント還元0〜2%に

【LINE Pay】新インセンティブ「マイカラー」確認する方法

【LINE Pay】「マイカラー」制度をアップグレードしポイント還元率を最大5%に

【LINE Pay】「マイカラー」制度をアップグレードしポイント還元率を最大5%に

【LINE Pay】「マイカラー」がレッドに降格!ポイント還元率は0.5%に

スポンサードリンク

前へ

2018年夏に放送予定の「ポケモンGO」テレビCMが先行公開

次へ

47都道府県にそれぞれにあるが郷土料理が魅力的な都道府県1位は北海道