スポンサードリンク

【LINE Pay】新インセンティブプログラム「マイカラー」相対的な利用状況でポイント還元0〜2%に

スポンサードリンク

LINE Pay マイカラー

「LINE Payカード」による2%ポイント還元の終了が発表され、2018年6月1日以降はどうなるのかとヤキモキしていた人も少なくなかったと思いますが、新インセンティブプログラム「マイカラー」が開始されることが発表されました。

【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ として発表されていますので、ざっくりと概要をまとめておきたいと思います。

新しいプログラムは、前月20日までのQR/バーコード支払い、「LINE Pay カード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高での支払い、「LINE Pay 請求書支払い」、送金機能などのサービスご利用度合いによって[グリーン, ブルー, レッド, ホワイト]のいずれかのバッジカラーに判定され、カラーによって、段階的にインセンティブがプレゼントされるものです。

スポンサードリンク

QRコードによるスマホ決済に注力していくのかと思いきや、結局のところインセンティブは「LINE Payカード」の支払いや「LINE Pay 請求書支払い」さらには送金機能などのサービスの利用度合いも対象になるということです。

そして、ポイントはココ。

月々のバッジカラーは変動的で「LINE Pay」ユーザー全体と個人の利用状況をもとに、相対的に判定、毎月1日に更新されます。

相対的な利用状況!

つまり、ものすごく使う人がたくさんいれば、自分ではそこそこ使ったと思っても上位のインセンティブ獲得には至らないということなのです。

なお「マイカラー」が適用されるには、本人確認が完了し「LINE Moneyアカウント」になっている必要があります。

「マイカラー」に応じたポイント還元率は以下のようになります。

LINE Pay マイカラー

ポイント還元率は0%〜2%まであります。

もちろん目指したいのはグリーンなのですが、全体の中での相対評価なので「けっこうLINE Payを使ったな〜」と自分では思っても、ブルーだったりレッドの場合もあるということですよね。これはちょっと悩ましいです。

普通に使っていて1%ならば、他のクレジットカードと大きくは変わらないですし、何よりLINE Payにポイントがそのままチャージできる利便性があるので「LINE Pay」を使い続けるかな、と思います。

とりあえず安心したのは、インセンティブ対象がQRコードなどのスマホ決済だけでなく、引き続き「LINE Payカード」での支払いも対象になるというところ。これなら対象店舗はJCB取扱店舗になるので、普通に使うことができます。

注意点としては、インセンティブとして付与される「LINEポイント」は、月間の合計決済金額10万円(税込)が上限に付与されるところでしょうか。

相対的な利用状況によるということで「LINE Payを使え〜」というプレッシャーがより強くなるということですね。

とりあえず、いきなり6月1日より色分けがスタートするのでしょうか? 何色になるのか楽しみです。

【LINE Pay】コード支払いで「どこでも5%キャッシュバック」キャンペーンもあとわずかで終了です。

追記:LINE Payの「マイカラー」がスタートしました。ぼくは1%還元のブルーでした。【LINE Pay】新インセンティブ「マイカラー」確認する方法という記事を書きました。

スポンサードリンク

前へ

百貨店バージョンの肉フェスが「お酒で乾杯!IKEBUKURO 肉グルメ祭」内に登場(6/7〜)

次へ

ウイングバックとサイドバックの違いとは