スポンサードリンク

【LINE Pay】コード支払いで「どこでも5%キャッシュバック」キャンペーン

スポンサードリンク

「LINE Pay」5%ポイントバックキャンペーン

LINE Payカードのポイント還元率2%を終了し、代わりにコード支払いに力を入れていくとアナウンスしていた「LINE Pay」が、切り替えに向けた助走ともいえるキャンペーンをコード支払いに投入してきました。

コード支払いで「どこでも5%キャッシュバック」キャンペーンを、2018年4月16日〜5月31日に実施すると発表しています。

スポンサードリンク

【LINE Pay】春のお買い物キャンペーン!今だけLINE Payコード支払いで5%キャッシュバックとして発表されています。

本日から5月31日(木)まで、春のお買い物キャンペーンを開催!期間中、LINE Payの加盟店にて、LINE Payのコード(QR/バーコード)でお支払いいただくと、5%分のLINE Pay残高を還元いたします!

キャッシュバックということで、どうやって現金還元するのだろうと思ったら、やはり「5%分のLINE Pay残高」でしたね。

そのまま現金代わりに使うことができますが、キャッシュバックとポイント還元だと、違うニュアンスで受けとる人もいるでしょうね。

という話はさておき、10,000円の利用で500円のポイント還元ですから、普通にクレジットカードなどを使うよりも高い還元率となります。

キャンペーン概要は次の通りです。

【期間】
2018年4月16日(月)0:00~2018年5月31日(木)23:59

【対象】
期間中、対象店舗にてLINE Payのコード(QR/バーコード)を表示してお支払いいただいた方全員。

【対象店舗】
LINE Payのコード(QR/バーコード)支払いが可能なLINE Pay加盟店

1人当たり100,000円(税込)の購入(5,000円分のLINE Pay残高を還元)までが上限、4月中の分は5月下旬に、5月中の分は6月下旬に付与されるといった注意点があります。

そして、あくまでも「LINE Pay」でのコード支払いが対象であり、

LINE Pay カードでのお買い物、LINEポイントを併用してお支払いいただいたポイント分、金券の購入、自動販売機での購入

これらは対象外です。

コード支払いのやり方に関しては【LINE Pay】飲食店でコード支払い(決済)する方法という記事を参考にしてください。提示されたコードを自分で読み取る場合もあります。

加盟店はコチラで確認することができます。やはり利用機会が多いのはローソンでしょうか。

気付いた最近の支払いは「LINE Payカード」を使っていることが多く、現金を使うことは数えるくらいになっていたことに気づきました。ライフスタイルって変わるもんですね。

クレジットカードと同じくらいの店舗で使えるようになるのであれば、普通に「LINE Pay」でコード支払いしている未来が見えます。

どうする、どうなる、LINE Pay!?短期的な未来予測という記事も書いていますので参考にしてください。

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】50%OFF「めくるめく数学の世界 『数学関連本』」フェア(4/26まで)〜数学ガールなど

次へ

【LINE Pay】コード支払いのショートカットを作成しておくと便利