LINE Pay

「LINE Pay」が、マルチペイメント決済ゲートウェイシステムを開発する株式会社ネットスターズと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

ネットスターズは、1台の端末で各社のスマートフォンでのQR/バーコード決済ができる「StarPay端末」の開発・販売を行っており、既に国内10,000店舗以上に設置されているということです。

2017年10月より「StarPay端末」で「LINE Pay」のコード支払いは利用可能になっています。

今回の資本業務提携により、コード支払い対応加盟店拡大のためのさらなる協力に加え、マルチ端末「StarPay端末」を「LINE Pay」のブランドに合わせてカスタマイズするということです。

ネットスターズは「WeChat Pay」への対応を中心としたインバウンドサービスを提供していましたが、今回の提携により「LINE Pay」にも注力していくということですね。

いずれにせよ「LINE Pay」はLINE Payカードのポイント還元率を下げるようなので、コード支払いの利用できる店舗を急拡大するのが急務ですね。

2018年内に「LINE Pay」の利用できる店舗を「現在の2万店程度から100万店に拡大する計画」とのことです。これは期待大ですね。

次のような記事を書いていますので併せてご覧ください。

【悲報】「LINE Payカード」2%ポイント還元が5月31日で終了

どうする、どうなる、LINE Pay!?短期的な未来予測