スポンサードリンク

「LINEモバイル」ソフトバンクと戦略的提携に向け基本合意

スポンサードリンク

2018 01 31 1658

格安SIM、MVNOの「LINEモバイル」がソフトバンクと戦略的提携に向け基本合意したことを発表しました。LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受け、出資比率はLINE49%、ソフトバンク51%となるので、ソフトバンク寄りの会社になるということでしょうか。

スポンサードリンク

現在のところ「LINEモバイル」はドコモ回線を利用したMVNOとなります。ソフトバンクもMVNOへの回線貸しは開始していますが、まだ採用しているところは多くはありません。そこにきての「LINEモバイル」への51%出資ですから、今後は「LINEモバイル」でソフトバンク回線のサービスが強化されていくのかな‥‥と思いました。

ソフトバンクはサブブランドでワイモバイルを展開していますが、そもそもLINEアプリの利用者が多い「LINEモバイル」と組むというのも面白いですね。

ソフトバンクとワイモバイルとLINEモバイルで端末を仕入れれば、コストの圧縮なども期待できそうです。さすがに「LINEモバイル」のパッケージをソフトバンクショップやワイモバイルで取り扱うということまではないでしょうが。

スポンサードリンク

前へ

「FJK・SJK・LJK」とは?意味は?

次へ

コニカミノルタが加齢臭測定器「クンクンボディ」発売