スポンサードリンク

くら寿司で楽天ポイントを使う方法(上限ありなので注意)

スポンサードリンク

Kura zushi rakuten 9947t 1

「くら寿司」で楽天ポイントが使えるようになったと聞いて早速、楽天ポイントで寿司を食べてきました。「くら寿司」はアプリから時間予約ができるので、最も行く頻度の高い回転寿司です。そこで楽天ポイントが使えるようになるというのはありがたいです。実際に楽天ポイントをくら寿司で使ってみた様子、そして注意点を解説します!

スポンサードリンク

くら寿司で楽天ポイントを使う

くら寿司は予約してから行きましょうね〜。ほぼ待ち時間なしを実現できますので。

ぼくはこのアプリを使用していますが、最近はくら寿司専用のアプリもあるみたいです。

さてさて、着席したら、こんな宣伝がありました。

Kura zushi rakuten 9947

楽天ポイントが使える! 貯まる!

さらにクレジットカードも使えるようになっているのはありがたいです。

Kura zushi rakuten 9948

メニューにも「楽天もり天」が加わっていました(恐らく期間限定)。

7,000円分ほど美味しく頂きまして、お会計へ向かいます。

楽天ポイントでどう支払うかなのですが、アプリを使います。

楽天ポイントを管理するアプリもありそちらも前からダウンロードしていたのですが、それではなく「楽天ポイントカード」というアプリが必要のようです。

Kura zushi rakuten 9949

実際にアプリをダウンロードし、ログインして使用可能になるまで5分くらいの待ち時間があったので、余裕を持ってダウンロード、ログインしておくことをオススメします。

お会計時には、このバーコードを提示します。

ここで注意点があります。

Kura zushi rakuten 9950

「1回のお買い物でご利用いただけるポイント数は基本5,000ポイント」なのです。お店により異なるということですが、くら寿司も5,000ポイントまででした。つまり、約2,000円は現金払いしました。

これを知らずに現金を持たずにくら寿司に行き、うっかり6,000円分とか食べてしまうと困ったことになります。クレジットカードがあれば良いですが。

以上、くら寿司で楽天ポイントを使ってみた様子と注意点でした!

スポンサードリンク

前へ

明石家さんま、ニッポン放送に続いてテレ東も“絶縁”理由を語る

次へ

「小さな巨人」第2話の視聴率は微減して13.0%