2016 06 21 1123

風呂場のカビ、いや〜ん。ネットの情報でカビ取り剤のようなものはあれは漂白剤だ! なんていう知識は身についたのですが、そもそもカビないようにするにはどうしたらいいの。そのために我が家の浴室は24時間換気扇が回っているのですが‥‥というところで、NHKガッテン! のカビ退治!ついに終結宣言という記事を知りました。

まずは、浴室に生えたカビを根こそぎ退治しましょう。ゴムパッキンや、タイルの目地に深く入り込んでしまったカビは、奥まで熱を伝える必要があります。実験の結果、「50度のお湯を90秒間かける」ことで、表面から1ミリ深くまで、50℃に達することが分かりました。

50度のお湯を90秒でカビは死滅する!!

というところで、我が家の給湯器をチェックしてきました。

何度まであったと思います?

48度までは1度刻み、その先は50度、55度、60度となっていました。まさか60度のお湯が出せたとは。入浴時に使用することもないので、そんな機能があることに気づいていてませんでした。

これで風呂場のカビを死滅させることができます。カビを根こそぎ退治! です。

で、出てきます。カビ取り剤。

残念ながら、カビは死んでも黒いまま!白くなりません。そこで、おすすめなのが「カビ取り剤」。優れた漂白作用があるため、黒く残ったカビの跡を、白くすることができます。

カビ取り剤はカビ退治するものではなく漂白するもの。「50度のお湯を90秒」と組み合わせると良いのです。

さらにカビ予防は「50度のお湯を5秒間」です。頻度は週二一度。やります、カビ予防。

まとめると、

・50度のお湯を90秒間でカビ退治
・50度のお湯を5秒間でカビ予防(週一)

ということですね!

ところで「ためしてガッテン」は、2016年4月から「ガッテン!」にリニューアルしていたのですね! 司会の立川志の輔はそのまま、山瀬まみが降板し、指原莉乃が準レギュラーになっているそうです。