2014 11 26 0933

「Gmail」を開いたら「保存容量がわずかです」と表示されました。普段は気づきませんが「Gmail」も無制限で使える訳ではないんですよね。ということで、いらないメールを削除するなどして、空き容量を確保することにしました。

「Gmail」空き容量を確保する方法

「Gmail」の空き容量を確保する具体的な方法は、保存容量の上限を確認する - Gmail ヘルプでまとめられています。

まず、Gmailで「容量にカウントされるアイテム」を確認すると「メール内のすべてのメッセージと添付ファイル([スパム] や [ゴミ箱] フォルダ内のアイテムも含む)」とあります。

添付ファイルが、けっこう容量を食っているんじゃないかなぁ、という気もしますね。

続いて「上限に達した場合の対処方法」です。Gmailの場合は、過去のメールを削除します。その際に、必要なさそうなメールを検索する方法があります。

2014 11 26 1031

とりあえず、

larger:
has:attachment
filename:

あたりで検索し、必要のないメールをゴミ箱に送り、削除すると良いでしょう。

古いメールは必要ないとばっさり削除するなら、

older:

を使って検索すればOKです。

確認してみると、容量の大きい添付ファイルのあるメールはもちろんですが、GoogleやFacebookからの通知メールの数も多かったです。とりあえずそれらも削除し、98%から86%になりました。

追加で容量を購入することもできますが、必要のないメールも多いので、たまに整理するのも大事ですね。