2時間の朝型シフトで自分時間を作ろう!という記事より。

A子さんの場合は漫然と過ごしていた夜の3時間半を、朝の2時間にシフトさせることで、効率のよい自分時間が確保できるだけでなく、睡眠時間も増やすことができました。

ぼくもCHONANが生まれた時に、朝方生活になりました。無理はしていないのですが、基本は6時くらいに起きるようにしています。

小さな子どもがいると、昼間に仕事をしながらブログを更新するには、早朝しか時間が取れなかったのです。

今もCHONANが幼稚園、JINANがそろそろ2歳ですから、夜は21時くらいに布団に入り5時、6時に起きる生活が続いています。

早起きする方法は簡単で、子どもの寝かしつけをしながら自分も寝てしまうのです。

そうすると、7〜8時間すれば自然に目が覚めます。毎日続けていれば、早起きが習慣になります。時には4時くらいに起きられます。

夜はなんとなくダラダラしてしまうので、朝の調子の良い時間帯にガリガリと作業をすると効率的です。数時間で1日の半分くらいの作業量になることも。

ということで万人にお勧めする方法ではありませんが、子育て中で時間の捻出に苦労しているならば、思い切って超早寝してみることをお勧めします。

毎日でなくても、たまーに早起きすると気持ちいいですよ、とっても!

この記事では最後に「2時間シフトのための早起きのコツ」がまとめられていますので、参考にしてください。

暮らしの時間を朝型にシフトする際に一番大切なのは、「朝は楽しくてわくわくすることをする」と決めることです。

■関連エントリー

ネタフル流早起きする方法
最も多いライフスタイルは「遅寝早起き」
ブログ男「ブログを書く時間は早起きしてつくる」(MY LIFE AS BLOGGER)
早起きは三文の得
こうすれば朝型人間に変身できる?
ネタフルの早起き更新が滞っている件に関して