スポンサードリンク

虫除けスプレーの作り方

スポンサードリンク

もうすぐ夏 パパと虫除けスプレーを作る!という記事より。

アロマテラピーとは、ハーブ、花、果実、葉、種などの植物から抽出した天然のエッセンシャルオイルを用いた芳香療法のことですが、人間にはリラックス効果のある香りでも、虫には苦手な香りがたくさんあります。

スポンサードリンク

ということで、アロマテラピーを利用した虫除けスプレーの作り方が紹介されている記事です。

市販のものも安全なのでしょうが、なんとなく虫除けとなると直接肌にスプレーしたりするのを躊躇してしまったりするのですが、この素材だったらいいかもしれません。

・レモングラス(アロマオイル)
・ゼラニウム(アロマオイル)
・無水エタノール
・精製水(ミネラルウォーターでも可能)
・スプレー式ボトル(容量50ml)
・計量カップやビーカー、スポイトなど

「肌に直接使用するのではなく、衣類に香らせる程度の濃度」でつくるということで、これまた子供も安心。

基本的には混ぜるだけで良いみたいですね。詳しくは記事を参照してください。

殺虫剤などの化学合成物質を使わないのでガラスや網戸、カーテンにスプレーすればお部屋の虫除けにも効果があります。また、自然派スプレーなので肌にもやさしく、リラックス効果やリフレッシュ効果もあり、寝苦しい夏の安眠効果も期待できます。

ああ、こういう使い方も良いですね。安心して使えそう。家庭菜園の虫除けにも良いみたいですよ。

スポンサードリンク

前へ

番号ポータビリティを「利用しない」は65.3%

次へ

YouTubeの訪問者が1週間で75%増加