一夜漬けは「徹夜より、潔く寝る」がコツという記事がありました。

米国のハーバード大学で行われた研究でも、ある画像を記憶させ、その当日に睡眠をとったグループと睡眠をとらなかったグループを比べると、4日目の検査で、1日目に眠ったグループの方が成績がよかったという結果が得られています。

最近の研究結果から「眠ることにより、記憶は整理され、記憶の定着が起きる」が分かったきたそうです。

例えば、徹夜でテストに臨むと、2時間後には70%忘れ、8時間後には90%忘れてしまうという報告があります。逆に、いったん記憶したら一眠りして、それからテストに臨んだ場合、2時間後には50%忘れてしまいますが、その後の記憶の減り方に変化はないようです。

徹夜に突入した頃のことはほとんど忘れちゃってるじゃん!

ぼくはあまれ徹夜はしません。というのも、徹夜明けのあのムニャムニャした感じ、酔っているようなフワフワした気持ち悪さがどうにも耐えられないからなのです。結局「徹夜をする」というのは、徹夜をしたという自己満足かな、と思っていました。

眠るというのは脳を休ませるだけでなく「もっと積極的に、脳に入ってきた情報を整理し、記憶を鮮明にする働きがある」ようです。なんとなく不安にもなるでしょうが、ある程度記憶したらそのまま眠ってしまうと、記憶が定着するのでその方が良いようです。

暗記したものは、まず短期記憶をつかさどる脳の「海馬」という部分に入っていきます。海馬はどんな情報もどんどん取り入れていきますが、一方で、記憶を大量に貯めておくことができないため、入れては捨て——を繰り返しています。

さらに起きてぐたぐだしていると、この海馬に入っている情報が新しい記憶と入れ替わってしまうそうです。

深夜にサーバがバックアップ作業を進めているように、脳も似たような作業を行っているということですね。