20180123073343

4年ぶりの20cm超の大雪で、首都圏が大混乱しております。今年は交通機関の混乱を見越し、早い時間から社員の帰宅を決める企業も多かったようですね。ソーシャルメディアで色々と可視化されますので、白い雪にホワイトな企業が増えるのは良いことです。

さて、雪が積もると雪かきが必要になります。我が家はメインの道路から少し奥まったところにある上に、駐車場から玄関に向けてさらに通路があります。そのあたりの除雪をしないと、家の出入りもままなりません。ということで、前回の大雪の時から雪かきのためのスコップを物置に常備しています。

昔はいわゆる工事現場で使うような鉄製のスコップで雪かきをしていたこともありましたが、あれは重い上に前傾姿勢になるため、腰も痛めるんですね。そこで2〜3本、大雪に備えて購入した中で特に優秀と思われるスコップを紹介します。たまに大雪が降る埼玉県民の選ぶ除雪用スコップです。

こちらです!

20180123073312

バーン!

20180123073318

それでは良い点です。

1. 柄が長い

これ、本当に重要です。柄が長いと立ったままで作業ができるので腰が辛くありません。さらにラッセルといって、ラッセル車のように雪を押していく作業もしやすいです。この柄が長いというのは絶対に必要な条件だと思います。

2. 本体が軽い

素材が軽いのも大事なポイントです。新雪なら軽い雪も、少し水を含むと急に重くなります。本体が重いと、雪を投げるだけで重労働です。

3. 先端がゴム

雪かきする場所の多くはアスファルトやコンクリートになっているところが多いので、先端がゴムになっているとラッセルするのもスムーズです。プラスチックだとすぐに割れてしまうでしょうし、鉄製からガチガチと振動もひどいと思います。

と、何本か雪かき用にスコップを購入してみて「これぞ!」というものに辿り着いたのでご紹介でした。

20180123073400

次回の大雪に備えて、雪かき用のスコップを用意しておくのはオススメです。

B002XB2SYA

↑この手のタイプのものだと腰が痛くなるんですよね。

B00NIGOMPW

↑ラッセルもできるこういうタイプがオススメです!

電動の除雪機もあるんですね。

雪国在住の人からすればぬるい話かもしれませんが、もし「こういうものもあると便利だよ」というのがあれば、ぜひ教えてください!