4022512075

「空き家」戸数 過去最多を更新ということが記事になっていました。防犯、防災の面からも、倒壊しかかったような空き家は早く撤去すべき、という意見もあるかと思いますが、実は空き家を撤去して更地にしてしまうと、固定資産税の軽減措置が受けられなくなってしまうのですね。

人口減少や高齢化などに伴って空き家が増え続ける中、全国の空き家の戸数が住宅全体の13.5%に当たるおよそ820万戸に上り、過去最多を更新したことが総務省の調査で分かりました。

一口に空き家といっても、まだ住める状態のものもあれば、古過ぎて全く借り手がつかないようなものもあるでしょう。倒壊しかかったような住宅であったり、何年も人が住んでいないような住宅の場合は、近隣の人からしてみれば「更地にして欲しい」という要望はあると思いますが、実は持ち主からすると、撤去するに撤去できない理由があります。

撤去費用がかかる、というのも大きな理由の一つだと思いますが、問題は撤去後にもあります。空き家を撤去して更地にすると「土地にかかる固定資産税の軽減措置がなくなってしまう」のです。どんなに壊れかかっても、壊すに壊せないのは、そういった理由があります。

駐車場にしてみたところで土地の固定資産税は上がりますし、結局、空き家をそのままにしておいた方がいい、という判断になってしまうのではないでしょうか。

この手の話で悩んでいる人は少なくないようで、ネット上にもたくさんの質問があります。

更地の固定資産税って、家があった時より数倍になります。どうしたら節税できます... - Yahoo!知恵袋

更地にした時の固定資産税は? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

回答としては、建物をそのままにしておく、というのがある他、既に更地にしてしまった場合には、駐車場にする、畑にする、といったものもあります。ただし、場所によっては畑が認められないところもあるようですので、市役所の税務課に問い合わせるのが確実です。

空き家を減らすための何らかの対策が必要なのでしょうね。

空き家急増の真実―放置・倒壊・限界マンション化を防げ

米山 秀隆 日本経済新聞出版社 2012-06-02
売り上げランキング : 27066
by ヨメレバ