A1180 006697

えーっ、ついに夢の中身が解読!?

にわかにし信じられないのですが、眠っている人の夢の内容を高い精度で解読することに民間企業が成功したそうです。マジノスケ!?

夢の内容 高精度で解読に成功という記事になっていました。

この研究は、NTTやKDDIなどの通信会社などが出資して作る京都府の国際電気通信基礎技術研究所のグループが行ったものです。

日本でのお話なのですよ。

どうやって夢の内容を解読することに成功できたのか?

答えは実験です。3人の男性を眠らせ、脳の活動内容を調べ、起こし、夢の内容を聞き取るという作業を、200回以上を行なったそうです。

つまり、見ている夢によって、脳の活動に一定のパターンがあるということなのでしょうね。

起きてから見せた画像による脳の活動を分析し、眠っていた時の活動と照らし合わせることで「一部の内容については、70%以上の高い確率で夢の中に登場したかどうか」分かるようになったそうです。

夢の中に何が出てきたかが分かるようになったということで、さらに詳しく内容まで“解読”できるようになるのは、まだまだ先のことだと思いますが、こんなことができるという事実が驚きですね。

「脳情報デコーディング」と名付けられているようですよ。

なぜ脳は、ヘンな夢を見るのか? (KAWADE夢文庫)

ライフ・サイエンス研究班 河出書房新社 2010-10-16
売り上げランキング : 100251
by ヨメレバ