A0007 001567

世帯あたりの平均所得がここ20年で最低に|平均王子という記事がありました。2010年のデータなので、今はそら下がっているかもしれませんね‥‥。

厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると 2010年の1世帯あたりの平均所得は約538万円で 平成以降もっとも低い額となりました。

2010年の1世帯あたりの平均所得は、ここ20年で最も低い約538万円となったそうです。

ちなみに、ピークは1994年で、664万2,000円でした。いわゆる“バブル”の残り香的な感じでしょうか。

18年の間に、世帯当たりの平均年収は130万円近く下がったことになります。

最近では、次のような記事も書いています。

サラリーマンのお小遣いが5年振りに上昇?
【お小遣い】70代の平均は52,600円/月