2011 12 09 1108

エステーが「エアカウンター」に続き、測定時間を2分と大幅に短縮した7,900円の家庭用放射線測定器「エアカウンターS」を2012年2月から発売することを発表しました。

「エアカウンターS」は「エアカウンター」の後継機で、性能アップと価格を下げることを実現した量産タイプの家庭用放射線測定器です。

価格は7,900円、初回出荷数は10万個、ドラッグストア、ホームセンターなどで2012年2月3より発売が開始されます。

エステーでは、現行の「エアカウンター」の開発において半導体センサーの新技術の提供を株式会社タカラトミーより受け、タカラトミーのグループで玩具の企画・製造・販売を手掛ける株式会社タカラトミーアーツ(東京都葛飾区)と共同で、より高性能、より低価格、よりスリムで軽量な「エアカウンターS」を開発しました。

そうなんだ。タカラトミーの技術だったんだ。おもちゃだけじゃないんですね。

この家庭用放射線測定器の第2弾となる「エアカウンターS」は、測定感度の性能をアップさせ、現行品の最長約5分の測定時間を最長2分に短縮しました。さらに、計測中に放射線を感知する度にブザーが鳴る機能や、計測完了後には、10秒経過する毎にその直前の約1分間の平均値を表示する機能を新たに搭載しました。

このくらいの価格になれば、一家に一つ、家庭用放射線測定器があっても良いかもしれません。身の回りを測ってみたいですしね。

また「エアカウンター」が投稿し、各地域での放射線量を確認できるマップシステム「エアカウンターリポート」というサービスも2012年1月10日より開始するということです。

家庭用放射線測定器 エアカウンター

B005YF3XX2