2011-07-27_0851.png

エステーが、ボタン一つで簡単に操作できる家庭用放射線測定器「エアカウンター」を15,750円で発売することを発表しています。

生活者の不安を解消するため首都大学東京と共同開発 家庭用放射線測定器「エアカウンター」を新発売というニュースリリースが出ています。

エステー株式会社は、首都大学東京の放射線安全管理学の専門家である福士政広教授の監修の下、同大学との共同開発により、一般家庭でも安心して使える性能と価格を実現した家庭用放射線測定器「エアカウンター」を2011年10月20日から、関東、東北を中心としたドラッグストア、ホームセンター、またインターネット通販などで新発売します。

首都大学東京との共同開発なのですね。

「エアカウンター」は、自宅や家庭菜園場、公園の砂場など放射線が気になる場所で、地上から1mの高さにおいて放射線のひとつである空気中のガンマ(γ)線を0.05μSv/h~9.99μSv/hの範囲で測定します。(μSv/h=毎時マイクロシーベルト)

それにしても、15,750円は安いです。311以降、ガイガーカウンターを購入している人の話を聞くと、10万円とかだったりしますからね。もちろん安い分、測定には10分程度の時間を要するようですが。

ドラッグストア、ホームセンター、インターネットで購入できるというのも、手軽に入手できて良さそうです。出荷数は1万個ということなので、あっという間に売り切れるのではないでしょうか。

2011-07-27_0900.png

測定の仕組みは次のようになっています。

放射線1本が入ると半導体センサーが反応し、発生した電荷を信号に変えてカウント、時間あたりのカウント数を放射線量の換算式(セシウム基準/Cs137)によって、1時間あたりの人に対する放射線の影響がどれだけあるかを表す単位である毎時マイクロシーベルトに変換し表示します。半導体センサーには、医療機関で使用されるエックス線計測器の技術を応用したシリコンフォトダイオードを使用しており、β線をカットするフィルターを内蔵しているため、より高い精度でγ線を測定することができます。

この測定値に関しては、国の認定を受けた第三者機関によって、国家標準に基づいた校正を実施し、承認を受けているそうです。

最近は、iPhoneに接続できる安価なガイガーカウンター「iGAMMA」のようなものもあるのですが「エアカウンター」は本体のみで使えるというのが手軽で良いですね。

■関連記事

家庭向け放射線測定器1万5750円 エステー、10月発売

通常の測定器は放射線に反応すると発光する「シンチレーション」という素材を利用するが、今回は放射線の1種であるガンマ線に反応する半導体を使って調べる。精度はほぼ同じという。測定には10分程度かかる。既存の測定器は5万円以上のものが多い。

1万5750円の家庭用放射線測定器がエステーから登場

本体デザインは、同社の「かおりムシューダ」などを手がけたアートディレクターの佐野研二郎氏が担当した。単4アルカリ電池2本で駆動し、1日1時間使用した場合、約2カ月使用可能(連続使用の場合は約50時間)という。本体サイズは82×62×34mmで、重さは約105g。

エステー 10月に家庭用の放射線測定器発売

エステーによると、放射線の防護に詳しい首都大学東京大学院の福士政広教授が監修し、製品を開発。当初は1万個を出荷、年内に計5万個を生産する予定という。