セブン-イレブンで住民票サービス開始 5月から全国展開という記事より。

東京都渋谷区、三鷹市、千葉県市川市が来年2月2日から、コンビニ大手セブン-イレブンの端末を使って住民票の写しと印鑑登録証明書の交付を始める。

セブンイレブンが、店頭の端末で住民票の写しと印鑑登録証明書の交付を始めるそうです。まずは限られた店舗から、2010年5月からは全国展開を予定しているそうです。

利用者は、店舗内の端末に住民基本台帳カードを挿入して本人確認を行い、交付を申請。その場で交付手数料を支払い、店内のコピー機で書類をプリントアウトする。

近所のコンビニで印鑑登録証明書が取れる、となると確かに便利ですね。ただし、今のところはセブンイレブンがあれば、ですが。

利用時間は6時半から23時までで、交付手数料は自治体ごとに異なり、200〜300円の見通しということです。