「結婚式のご祝儀相場」の落とし穴という記事より。

今回は皆さんのお悩みのタネ ナンバーワンの「ご祝儀」について、とりあげてみましょう。

結婚式に呼ばれるといっても、ぼくの場合はほとんど友人関係なのであまりご祝儀で悩むことはないのですが、これが仕事関係とか人間関係が広がってくると、いろいろと悩むことも出てくるのかもしれませんね。

「ご祝儀で失敗したことは何?」と周囲に尋ねれば、多くの方から「金額が少なすぎた」という答えが返ってくることでしょう。

自分だけ少なかったりすると、ちょっと恥ずかしかったりしますね。

で、相場として次のように挙げられているのですが‥‥

一般的には友人で2〜3万円、上司が部下に渡すなら5万円、親族なら関係の深さにより異なりますが5万〜10万円、夫婦で呼ばれた場合は二人で5万円、などといわれています。

これはこれで参考になる人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、相場で自動的に決めてしまうと、思わぬところで恥をかくことがあるそうです。結婚式場の費用があがっているとか、いろいろあるみたいですね。大変だ。

で、そこで出てくるテクニックが、

ガイドがおすすめするのは3万円または5万円のご祝儀にプレゼントをプラスする、という「ご祝儀上級者テク」です。

だそうです。なるほどね‥‥。